私が今ハマっていることは、神社やお寺を巡って御朱印を戴くことです。

元々、神社やお寺の雰囲気や建造物の美しさが好きで参拝等行っていたのですが、

数年前に友人より御朱印を戴きにいこうと誘われるまでその存在を知りませんでした。

御朱印とは、専用の御朱印帳を持参し参拝した神社やお寺の社務所にて300円の御朱印代を志納金としてお支払し、

各神社仏閣の朱印と墨で参拝日・神社や御本尊の名前等を書いていただくものです。

目の前で手書きで書かれる為とても迫力があり、書かれる方のスキルによりますがとても美しい字体で書いていただけた時は興奮します。

有名な神社やお寺では、御朱印を戴くための御朱印帳をオリジナルで出されており、

オリジナル御朱印帳を購入し記念すべき1つ目の御朱印を戴きました。

最初に購入したものは薄い桃色で統一され、生地の濃淡によって桜が舞っている柄が表現されておりとても美しい御朱印帳でした。

 

表紙にあたる部分にタイトルを書くためのスペースがあり、御朱印帳を購入した神社にて名前も入れていただき、

私の御朱印集めがスタートしました。

今では近隣の都道府県にも足を延ばして、行楽も楽しみつつ神社仏閣にて御朱印集めを楽しんでいます。

本来御朱印とは、納経をした証に戴く印だった為、今後時間を作って一度は写経を体験し、

きちんと納経をした上で御朱印を戴きたいなと思っています。